IPL・SSCなどの脱毛方法について

光脱毛|IPL・SSC・フラッシュ・プラズマ・プリズムなどについて

サロンにおける脱毛法では「SSC、IPL、フラッシュ、プラズマ、プリズム、ハイパースキン」といった名称があります。

 

これらは、それぞれに違いはあるものの、全て光脱毛の方式を採用しているものです。

 

脱毛サロンによって全然名称が違うので、いったいどの脱毛方式がいいのか、分からなくなってしまいますね。

 

それでは、それぞれどのような違いがあるでしょうか。
まず光脱毛の仕組みから説明していきます。

 

光脱毛の仕組み|レーザーと光のメリット・デメリット

サロンで多く採用されている光脱毛。

 

この光脱毛はその名のとおり、光を照射して黒い部分(毛のメラニン色素)に働きかけます。

 

脱毛機からは多様な光の波長が出ていて、それらが毛に作用し、毛の再生を遅くしたり、再生されないようにしてくれます。

 

そしてレーザーと大きく違うところは、痛み。
レーザー脱毛は痛みがあるため、人によっては耐え切れないといった声もあります。

 

その点、光脱毛は痛くない、または我慢できるほどの痛みといった、痛みには優しいイメージがあります。

 

実は、過去にエステサロンもレーザー脱毛を取り扱った時期がありました。

 

しかし、厚生労働省より以下の指導がありました。

 

レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は医師免許を有しない者が業として行えば、医師法第17条に違反する

 

 

つまり、エステサロンではレーザー脱毛機が使用できなくなったため、ほかの脱毛機を検討するしかなかったのです。
そこから各サロンは新たな脱毛機の開発・検討を行い、光脱毛が主流となりました。

 

今では、多くのサロンが光脱毛方式を採用しています。
そのため、光脱毛のネーミングにも様々な名称がついていますが、そのルーツは全て光脱毛という事になるのです。

 

ただ、光脱毛はエステサロンだけではありません。

 

美容外科、美容クリニック、皮膚科などで採用されている場合もあります。
レーザー脱毛は単一の波長。ピンポイントでは効くものの、照射面積が光脱毛よりも狭いために、照射に時間がかかるのと、照射ムラ(キレイに仕上がるところとそうでないところ)が多くなったりします。

 

レーザー脱毛機による照射面積は、ほとんどが1cm×1cm程度。
最大で3cm程度の照射面積もありますが、取り扱っている医療機関は多くありません。

 

そして光脱毛は、機種によってはレーザー脱毛機と比べて、照射面積は20倍も違う場合があります。
平均的な照射面積でいえば、光脱毛が圧倒的に大きくなります。

 

ただし、以下の効果の面、メリット・デメリットは考慮しなければなりません。

 

レーザー脱毛

 

レーザー脱毛は単一波といって、レーザー光線のようなもの。この光線を発射したら、月まで届くほど強力な光線でもあります。そのため、効果の面ではレーザー脱毛が見込めますが、痛みが伴います。我慢できる人もいれば、我慢できない人もいます。

 

そして箇所によっても痛みの程度は違っていて、皮膚が厚い箇所(ワキなど)は、比較的痛みが我慢できるかもしれませんが、皮膚が薄い箇所や敏感なところは激痛とも言われています。

 

例えば顔やVIO。それらの箇所にレーザーを当てると激痛が走るとも言われています。効果が見込める反面、肌トラブルも潜んでいるため、1回ごとの脱毛後に、注意して肌を観察しておく必要があります。

 

そして料金面でもレーザー脱毛の方が高くなります。

 

例えば1回の全身脱毛でレーザー脱毛の標準価格が50万円程度の場合、光脱毛はその半額程度で6回ほどの全身脱毛が行えます。

 

さらに時間。

 

光脱毛機と比べて照射面積が狭く、連射機能などは搭載されていないため、光脱毛よりも多くの時間がかかります。
その1回の全身脱毛にかかる時間は、およそ5時間強。

 

これらの、痛み料金時間

 

トータルで判断して問題なければ、少ない回数で効果が見込めるレーザー脱毛、トータルで安く肌に優しく脱毛していきたい場合は光脱毛と分ける方法も良いでしょう。

 

 

光脱毛

 

光脱毛は多様な光を発して、肌のメラニンに作用します。単一波長のレーザーと比べてメラニンへの作用力、影響力は少ないものの、しっかりとした効果が見込めます。痛みの面でも優しく、同時に肌への負担も少ないとされています。

 

そして照射面積も広く設定されている脱毛機種が多いため、レーザー脱毛よりも短時間で施術が行えます。
例えば光脱毛なら1回の全身脱毛で45分。

 

これがレーザー脱毛となると、上半身だけで約2時間、下半身では約3時間となります。

 

そして脱毛する人にとって有難いのが、料金面。
レーザー脱毛よりも圧倒的に安い料金で脱毛できるのが魅力とも言えます。

 

そのため現在でなお、エステサロンでの脱毛が主流となっています。
効果以外の、痛み、料金、時間などを考慮すると、やはり光脱毛の方が効率的とも言えます。

 

IPL・フラッシュ・プラズマ・プリズムの脱毛法について

IPL脱毛は「インテンス・パルス・ライト」の略。

 

インテンス=強烈
パルス=瞬間的・信号
ライト=光

 

といった意味合いから、IPL脱毛と名づけられています。

 

少し専門的になりますが、使用されているランプはキノセンフラッシュランプ
これがIPL脱毛などに見られる特徴的な物で、このランプを通して強い白色光をフラッシュさせる事ができます。

 

このフラッシュさせるという点で、別名フラッシュ脱毛プラズマ脱毛プリズム脱毛といった名称が名づけられていたりします。

 

ちなみに、このベースとなるものは、写真撮影する際のストロボ、車のライトなどで使用されていて、IPL脱毛もその応用の一部となります。

SSC脱毛について

SSC脱毛は、

 

S=スムース
S=スキン
C=コントロール

 

を略したもの。

 

IPL脱毛で用いられたキノセンフラッシュランプではなく、エネルギー供給を安定して送ることが可能な、クリプトンライト
これはクリプトン電球などに用いられているものです。

 

希ガス類元素の一つで、大気中に含まれる無色・無臭の気体でもあります。

 

ランプ内で多くのエネルギーを加えるキノセンランプに対し、クリプトンライトは効率良くエネルギーが発生できるようにしたもの。
効果の違いに大きな差はありませんが、一定した出力を提供してくれるといったところでしょうか。

 

唯一の危険性といえば、純粋なクリプトンガスを吸い込んだとき。
クリプトンはガスの一種。

 

そのガスを吸い込んだ時に、酸欠を起こす危険性がありますが、脱毛機の照射箇所が突然「パキン!」と割れたり、SSCの脱毛機が倒れたりして、何かしらの時にクリプトンガスが漏れて、それを施術者が吸い込んで、酸欠状態になる。というのは考えにくいものです。

 

そしてそのような事件が起きていれば、必ずメディアで取り上げられています。

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛

 

全国でも比較的有名な脱毛サロンだと、ディオーネで採用している脱毛法です。

 

主な特徴は、敏感肌・アトピー肌、子どもでも使用できる脱毛機。といった特徴です。

 

しかし、なかなか主流にはなっておらず、その一番の理由としては「効果が弱い」といったところかもしれません。
そもそも、通常のサロンが提供しているIPLやSSCよりも出力が抑えられた脱毛機。

 

さらにはお子さんが使用するとなったら、肌のトラブル、安全面が重視されます。

 

実際、臨床実験などで子どもに使用した場合、その後何年かたってから肌にどのような影響があるか?といった研究などはされていません。

 

これは妊婦に何かしらの実験を行うように、倫理に反するといった理由から行われていないのでしょう。
つまり、「肌トラブルが完全に起きない程度の出力で抑えなければいけない」といった考えから開発されているのが、ハイパースキン脱毛で使用される脱毛機。

 

ちなみに脱毛機名はハイパースキンカレン。

 

その販売元である株式会社カンナは、創業が平成4年10月からとなっていて、これまで事故・クレームがゼロといった実績があります。

 

安全に脱毛していきたい、子どもにも脱毛させたいといった場合は、全国的に展開しているディオーネでも良いかもしれません。

 

ほか名称が異なる脱毛方法について

上記で説明した脱毛法以外にも、サロン独自の名称で脱毛方式が記載されている場合があります。
どちらにしても、基本となるものは光脱毛です。

 

そして、もしエステサロンでレーザー脱毛を行っている場合、注意が必要です。

 

そもそも法律により、2001年から医師免許のない人がレーザー脱毛を行うこと自体、医師法違反にあたるとされています。

 

そういったグレーなサロンは法律に触れているので、どのような料金体系、レーザーの出力調整をしているか明確な基準がありません。
例え安い料金でレーザー脱毛を提供していても、通い続けるのはお勧めできません。


トップページ 全身脱毛 部位脱毛