顔脱毛 ニキビがある

顔脱毛でニキビがある、気になる女性に必見のディオーネ

ディオーネは本当にニキビやアトピーでも大丈夫?!

ディオーネの顔脱毛

ディオーネ

ディオーネの顔脱毛

ディオーネの全身脱毛について3,240円で顔脱毛の体験ができます

 

体験脱毛なら3,240円で試せます。全身脱毛が平均1万円前後で出来る今では少し割高です。でも、ディオーネの脱毛は他店と違う脱毛方法を採用しています。それがハイパースキン法。この脱毛方法は、3歳の子どもでも脱毛できるほど安全度が高いものとなっています。脱毛方法には大きく分けてレーザー・光がありますが、それらとは異なり、高熱を発しないため毛根や肌に負担をかけずに脱毛を行います。いま主流の脱毛方法とは異なり、医療機関にも用いられていることから、若干割高になっています。

ディオーネの全身脱毛について顔の照射範囲が他店よりも広い!

 

せっかく顔脱毛をするなら、照射範囲は広い方が良いかと思います。ちなみに全身脱毛サロンでも顔脱毛が含まれている場合はありますが、照射範囲が狭い場合もあります。そして元々の脱毛法も違うため、肌への負担も異なります。顔脱毛に特にこだわりがない女性なら全身脱毛で顔も施術するのがオススメですが、アトピー・ニキビ・敏感肌・乾燥肌などに悩まされている方はディオーネがオススメです。

ディオーネの全身脱毛について医療機関でも導入されていて「痛くない」「安心」「安全」の基準が高い!

 

まず大きな違いが、約38度前後の程よい熱で照射するという事。通常の光・レーザー脱毛なら60〜80度で照射しますが、その場合だと肌トラブルが発生してしまう女性もいます。約38度の熱なら痛みも感じることがなく照射ができます。そのためアトピーやニキビでもほとんど負担をかけず施術が出来て、その安全性から医療機関でも導入されています。
※ただし、ディオーネではホットジェルを使用するため、ホットジェルの温かさを感じる場合があります。

ディオーネのデメリット?!

 

肌に負担をかけず照射ができること、それに伴ってアトピー・ニキビ・敏感肌・乾燥肌でも安心して通えます。ただし、ゆっくり、じわじわと行うため、一定期間(3〜4週間に1回・年12回程度)継続しないと効果を感じにくい場合もあります。これは個人差が大きくありますが、どちらにしても続けることが効果に繋がります。そのため通う場合は単発的ではなく、定期的に毛周期(休止期)に合わせてしっかり通いましょう。
そしてもう1つのデメリットとして、店舗によって口コミも若干異なっていますが、ほかプランの勧誘も行われる場合があります。きっぱりと断れる女性なら問題ありませんが、もし勧誘が苦手という女性は避けた方が良いかもしれません。

ディオーネの脱毛器は国産ディオーネが「他とちょっと違う」ところ

 

これまでの主流は光・レーザーで、電気脱毛もありますが、電気だと即効性と効果はあるものの、あまりの痛みとコストに今では利用者は少ないと言えます。同じくレーザーも電気とまではいきませんが、痛みとコストはかかります。ちなみに2016年の時点でも全身脱毛の料金は安くて50万前後からそれ以上です。そこで光脱毛は効果こそ落ちるものの、その安全性と料金の安さ、通いやすさから人気があります。

 

そんな中でこのハイパースキン法。

 

これはアトピー・ニキビ・敏感肌・乾燥肌の人に向けたサービスと言ってよいでしょう。そのため、これまで脱毛に挑戦したけど肌トラブルが起こった、あきらめていた人におすすめできます。脱毛はそもそも皮下組織にある細胞に刺激を与えるものなので、刺激が強ければ強いほど効果は早いですが、その分、肌トラブルのリスクが高まります。

 

子どもに脱毛をさせてあげたい、安全に脱毛をしていきたいなら圧倒的にディオーネがおすすめです。

 

 

ディオーネの脱毛コースそのほかディオーネの脱毛プラン

ディオーネのVIO脱毛

ディオーネの全身脱毛

 

美肌効果が得られるディオーネのメリット・デメリット

現在人気急上昇中の脱毛サロンが「ディオーネ」です。ディオーネは肌に優しい「ハイパースキン脱毛」が特徴で、肌が弱かったり痛みが苦手でもディオーネなら脱毛できる、と評判になっています。

 

店舗数が多い
ディオーネの特徴として「店舗数が多い」という点があります。もちろん業界トップクラスの「TBC」や「ミュゼプラチナム」と比較するとあまり多く感じませんが、それでも全国85店舗とかなりの店舗数を誇っています。そのため都市部ならまず間違いなくありますし、割と近場にあるため通いやすいです。また、ディオーネのメリットとしてよく紹介されるのが「予約の取りやすさ」です。ディオーネは積極的に全国展開しているサロンですが、必要以上に新規顧客を増やそうとはしていません。そのため、自然と既に通っている方の予約が通りやすいんです。ただ、最近は口コミでディオーネの評判が広まってかなり人気が出ているようで、中には予約が取りにくい店舗もあるみたいです。なのでディオーネに通うなら混みやすい夏場を避けて、時間帯も工夫して予約してみましょう。

 

痛みの少ない施術
ディオーネの最大の特徴は「ハイパースキン脱毛」です。このハイパースキン脱毛というのは一般的な脱毛と違い、「発毛抑制」を目的としています。ではそもそも一般的な脱毛とはどんなものなのか説明しましょう。

 

・レーザー脱毛やIPL(光)脱毛の仕組み
「クリニックならレーザー脱毛」で「脱毛サロンなら光脱毛」というようにそれぞれ違いはありますが、基本的な仕組みは似ています。一般的な脱毛では、毛の成長をコントロールする「毛根」にレーザーや光を当てて「熱」を加えることで破壊します。このときに使われるレーザーや光は「黒」に反応する特性があるため、皮膚には照射されずに毛にだけ照射されるようにできています。しかし「熱」というのは厄介で、熱が原因による「乾燥」や「やけど」は度々起こります。特にレーザーはパワーが強いので、脱毛回数は少なくて済みますが技術が必要になります。なのでレーザー脱毛は医師しかできない、というワケなんです。

 

・ハイパースキン脱毛
ハイパースキン脱毛は熱で脱毛するレーザーや光とは違い、特殊な光を照射して「発毛しないようにする」ことが特徴です。そのおかげで痛みもなく、肌への負担がすごく少ないというメリットがあります。さらに照射する光には美肌作用もあるため「フォトフェイシャル」と同様の効果が期待できるというのも嬉しいポイントですね。また、肌への負担が少ないことは肌が弱くても脱毛できることに繋がります。敏感肌やニキビ、アトピーなどが原因で断られた方でもハイパースキン脱毛なら脱毛できるんです。他にも皮膚の薄い部分の脱毛やIPL脱毛が苦手な「うぶ毛」にもちゃんと効果があるから驚きですね。最大の特徴である美肌効果については口コミでもかなり評判になっているので、気になるなら是非試してみてください。

 

デメリットは「弱い」
イロイロと嬉しいメリットがあるディオーネの脱毛ですが、非常に大きな問題もあります。それは効果が「弱い」ということです。一応、ディオーネの説明ではIPL脱毛と同等の脱毛効果がある、と説明していますが、この説明には根拠がないんです。「特殊な光を照射する」という仕組みの「特殊な光」にも説明がない上に、発毛を抑制する仕組みも詳細は不明です。実際に体験者の話を聞いてみても、「効果が弱い」や「回数が多い」との声が多く、IPL脱毛ほどの効果は期待できないでしょう。とはいえ「美肌効果」があることは多くの人が体験していますし、ゆっくりではありますが脱毛効果も期待できるので、多少弱くても肌に負担が少ないほうが良い、という方にはオススメです。

関連ページ

ミュゼプラチナム
両わきやVライン脱毛が圧倒的に安いミュゼプラチナムの詳細紹介です。他社と比較すればすぐに分かるかと思いますが、両わきやVラインの脱毛ならミュゼプラチナムの方が断然安く施術できます。その効果や処理の流れについて説明しています。
ビーエスコート
15歳以上、大学生未満の学生に嬉しいビーエスコート。学生証の提示だけで学割がきくというポイントは嬉しい。ただし、時間が限られているのでしっかりチェックしておきましょう。
エピレ
好きな箇所を脱毛できるエピレについて紹介しています。特定の箇所を脱毛したい人にとってエピレは最適な脱毛エステですが、他にもまとめて脱毛ができる安いプランもあります。"
ジェイエステティック
両わき脱毛が無期限で脱毛し放題のジェイエステティック。その詳細とお得なポイントについて詳しく説明しています。
エステティックTBC
TBCの脱毛方法についてピックアップしています。脱毛料金が安いというのはありがたい事ですが、安さのみで選んでしまうとかえって痛い目にあいます。どの脱毛エステサロンも初回プランは安い料金設定ですが、利益をあげるために強引な勧誘を行う店舗も存在します。ここでは、安いというだけでなく、誰もが嫌う強引な勧誘が一切ない店舗のみを厳選し、イベントやキャンペーン情報を随時更新しています。

トップページ 全身脱毛 部位脱毛